東芝TOLSTARⅡの電源コードについて

0

東芝エルティーエンジニアリング製の調光卓「TOLSTAR II」の電源コードを紛失したという人のために製作したことがあるので、その際のメモです。


…こんな情報が誰かの役に立つ気が全然しませんが、一応書き残しておきます。
あと、記憶に間違いがある可能性もあるので、実施は自己責任でお願いします。

対象の調光卓の外観

「TOLSTAR II」はこんな調光卓です。
tolstar2_190521_0021

2段プリセットとA/Bクロス、サブマスターを備えた小~中規模向けの卓です。
ただし、これに限らず国産卓は基本的にいくつかのパーツを組み合わせて作るセミオーダーメイドなので、小規模向けでは全然違う見た目のこともあります。


リアパネルはこんな感じになっています。
tolstar2_back_2


これの一番右の銀色のコネクターが電源端子です。
明らかに汎用品ではない、専用の電源コードを使いそうな感じです。



七星科学研究所の「NJC」シリーズ

結論として、この卓の電源コネクターは
七星科学研究所のNJCシリーズ / シェルサイズ20 / 正芯 / 3pin」でした。
型番で言うと、卓側 (オス) が NJC-203-RM、電源コード側 (メス) が NJC-203-PF になります。
tolstar2_back_1
シェルサイズ20であることは、卓側のレセプタクルに [20] の刻印があるので分かります。

よって、今回のように電源コードを紛失してしまった場合は、NJC-203-PF を購入し、平行♂→NJC-203-PF の変換コードを作ればいいことになります。
NJC_20_seishin

NJC側のピンアサインは、1が電源(L)、2が電源(N)でした。NとLは逆だったかもしれませんが、とりあえず1と2に電源線をはんだ付けすれば、卓は動作します。
3ピンがアースかどうかは、急ごしらえだったので確認できませんでした。

また、NJCコネクタはそれなりに太いケーブルでないとクランプ部が噛みこまないため、外径が太めのキャブタイヤケーブルを使うとよいでしょう。



以上です。

コメント 0

コメントはありません

コメントをどうぞ