照明機材の盛り合わせ

舞台照明機材と知識。アマチュア・非劇場空間向け。もう学生じゃないけど趣味で照明継続中

まだまだ不完全な照明知識大全 もくじ

0
これさえ読めば照明初心者でも知識だけは立派になれる!ようにするのが目標。
いつ完成することやら。


【対象】
 ・大学生を中心とした学生劇団の照明さん
 ・大学に入ってから、照明を始めた人
 ・照明のプロを目指すわけではない人
 ・劇場設備の無いところでやっている劇団も含む


(A)照明さんのお仕事

【照明作業の流れ】
  • 小屋入り前
    公演会場の把握
    ―稽古見学
    ―プラン
    仕込み図面作成
    ―その他書類作成
  • 小屋入り中
    ―吊り込み(灯体設置)
    ―回路取り/引き回し
    ―調光ユニットへの入れ込み
    パッチ
    ―色作り
    シュート(フォーカス)
    ―明かり作り(ゲージ決め、レベル決め)
    ―場当たり、キッカケ稽古
    ―ゲネ、本番
    ―トラブルシューティング
    ―バラし(片付け)
  • 公演期間外
    ―機材メンテナンス
    ―実験、遊び

(B)光と色のお話

【灯体の種類】 【光の当て方(シュート)】 【色について】

(C)調光 ~明るさを変える~

【調光の基礎知識】
調光卓と調光ユニット調光ユニットの役割調光回路の数え方
【調光卓について】 【DMX信号について】 【調光ユニットについて】

(D)電気と電球のお話

【電気の知識】
  • 電流は流れてしまう
  • 交流電力って何だ
  • 単相二線と単相三線
  • 許容電流・電線の種類と太さ
【コンセントの種類】 【電球について】

(E)機材との付き合い方

【トラブルシューティング】
  • 対照実験の重要性
  • 点灯しない時の確認事項
  • ググる力をつけよう
【メンテナンス技術】
【参考文献・書評】

意外と奥が深い「手持ちピンスポ」の世界

0

懐中電灯を使って「スポットライトごっこ」をして遊んだことのある方もいらっしゃると思いますが、極めて小規模な公演の場合、これは実際の舞台照明として有効な方法になる可能性があります。これを「手持ちピンスポ」と名付け、考察を加えてみたいと思います。

最短小屋入り時間記録:5分

0

何度かTwitterで言及したことがありますが、筆者の最短小屋入り時間記録は5分間です。そんな状況はどのように発生したのか、少しデフォルメも入りますが、回顧したいと思います。

舞台照明的に、ダイコクドラッグ百万遍店を偲ぶ

0

去る2021年8月16日、京都大学にほど近い、ダイコクドラッグ百万遍店が閉店となりました。

なぜそれを当ブログで取り上げるのかと言うと、私が学生の頃、この薬局に舞台照明的な意味で頻繁にお世話になっていたからです。その思い出話をしたいと思います。

ムービング卓における「フィクスチャー」という概念について

0

いわゆるムービング卓では、「フィクスチャー」(Fixture) という単語が頻出します。この単語の意味と役割について解説します。

なお、この記事ではレトロニムとして、ムービングライトではない灯体、すなわち動かない白熱電球・ハロゲン電球の灯体を「一般灯体」(Conventional Fixture) と表現し、それらの調光に使用する卓を「一般調光卓」と表現します。