スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ: | カテゴリ:スポンサー広告 [ --/--/-- --:-- ]

技術が進歩したら、演劇の音響と照明は兼任できるのか

現場サイドの実感としては、

「音響と照明とでは“同じキュー”に対するスイートポイントが微妙に違うし、使う脳の部位が違うから、たとえ技術的に両方一人でできるようになってもやらない」

というのが結論になります。

そもそも、「技術的にできるようになっても」って、技術的にはもうできます。
MIDIでもOSCでも何でも使ったらいいじゃないですか。

けど、それでも、「台本上同じところにあるきっかけ」に対するアプローチが音響と照明で微妙に違うんですよね、というのはまあ分かる人だけ分かってくれればいいです。本当は言語化したいですし、経験主義偏重にならないように言語化するべきですが、難しいです。


脳みその使い方に関してですが、たとえばホテルの宴会場・式場にベタ付きの音響照明スタッフはしばしば兼務していますが、あれは、音響脳・照明脳とは別途に第3の「音響照明兼務脳」とでも言うべき脳みその使い方を身につけているのだと理解しています。
タグ: | カテゴリ:雑談 [ 2017/10/18 22:50 ]









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。