TOP > スポンサー広告 > 丸茂電機 T1(TI) 500W平凸レンズスポットライトTOP > 灯体データベース > 丸茂電機 T1(TI) 500W平凸レンズスポットライト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ: [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

丸茂電機 T1(TI) 500W平凸レンズスポットライト

T1_elec

 

【機種名】T1 (TI) 
【メーカー】丸茂電機

【製造年代】1935年(*)~現在
【レンズ径】4.5インチ
【適合電球】500W白熱電球/E26口金

【電球の例】G100V500W、GR100V500W、EG100V500W(エコラム)、JP100V500WB/E(ハロゲン)


*発売年は、日本照明家協会(1993)『日本舞台テレビ照明近代史』による。

【コメント】
国産機種としてはもっともロングセラーの灯体。発売は戦前にまで遡る。
CEC-500WやCSQ-500Wなど、6インチの灯体に比べるとやや暗く、照射範囲も狭いが、小型なので狭い範囲にたくさん吊れるのが魅力。
4.5インチなので、カラーフィルターの消費も少ない。
かつていろいろなメーカーから類似品が出ていたが、最終的に本家だけ生き残っている。
機種名をT1(ティーワン)と読む派とTI(ティーアイ)と読む派に分かれる。通称としては「ベビースポット」「弁当箱」など。
ソケットが壊れた場合、青山電陶のオールトーキレセップを買えば修理できる。


ベビー T1-500W 丸茂製

価格:32,000円
(2014/5/4 17:30時点)


↑今でも新品で買えます。2015年になったら発売80周年で何かイベントやらないかなー(笑)
関連するタグ: [ 2013/12/28 17:22 ] 灯体データベース |

今発売されている現行モデルでは、レンズの設計が完全に新しくなって、とてもT1とは思えない、超きれいな明かりがでます。レンズの収差が綺麗になくなっているので、フィラメントの形が出にくく、また、光の縁のキレが恐ろしく綺麗で、もはや従来のT1では無い感じです。ので、それをイメージして明かりを作ると、キレがよすぎて違和感を感じるかもしれません(笑)
実は丸茂以外の各社も、レンズ設計を新規にし直さなければならなくなった事情があり、そこでレンズが新しく設計されたモデルは、同じ型番で昔から出ているものでも、突然性能が大進化してたりします。
[ 2014/11/10 12:35 ] [ 編集 ]

コメントをどうぞ





トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightingkizai.blog.fc2.com/tb.php/48-c53046f6











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。