TOP > LED灯体 > 【機材レビュー】ちびLED灯体 Micro Wash RGBW

【機材レビュー】ちびLED灯体 Micro Wash RGBW

手のひらサイズのLED灯体。

American DJ Micro Wash RGBW】です。

131015_0951~01


【機種名】 Micro Wash RGBW
【メーカー】 American DJ
【消費DMXチャンネル数】
1chモード(カラーマクロのみ)
2chモード(カラーマクロ/明るさマスター)
4chモード(R/G/B/W)
5chモード(R/G/B/W/明るさマスター)
7chモード(R/G/B/W/カラーマクロ/ストロボ/明るさマスター)
8chモード(R/G/B/W/カラーマクロ/ストロボ/プログラムモード/明るさマスター)
【LEDの種類】
4色(R/G/B/W)
R/G/Bは1W×2粒ずつ、Wは1W×1粒
【照射範囲】
公称6°だが、ビームとフィールドの境目が曖昧なので、フィールドも含めて30°くらい
【灯体の大きさ】
とても小さい。PAR16クラス。
【各種設定画面】
4桁の7セグメントLED(自動消灯機能アリ)
【床置き可能?】
ダブルアームにより可能



どうせ安物なら小さい方がいいじゃないか。
と、言わんばかりの小ささです。


某通販屋さんではいわゆるLED PARとは別の項目に配置されているので、最近まで全く注目していませんでした。
LED灯体で安いのと言えば、PAR64に似せた形のやつとか、PAR64くらいの直径で板状のもの(フラットLEDPAR)とか、ストリップライトみたいな形のやつとか、そういうのしか目に留まらなかったので。
pt_propar64led_3.jpg
(↑典型的な「LED PAR」)

そんな感じで注目していなかったので、こんなのあったのかよ!と結構驚きました。

その通販屋のレビューを見ると、「ビーム角6度と言う割に結構ぼやーんと広がっちゃうなあ」的なことが書かれていますが、
逆に言えば、けっこう広い範囲を染めることができるということです。

同じAmerican DJのPAR64サイズLED「64B LED PRO」と比較しても、どういうわけか明るさ感・広がり具合ともにそれほど性能差を感じません

それだったら(どうせどちらも安物なのだから)、

・PAR64より遥かに小さく、
・白粒があって、
・DMXIN/OUTがケーブル状態で出ていて、
・1ch、2ch、4ch、5ch、7ch、8chモードがあって(多すぎw)
・背面の設定表示(デジタル数字)が一定時間経つと消える

こっちの方がいいんじゃない?

…というわけです。

それに、PAR64サイズだったらもっと高出力でフェードも綺麗で5in1で…なハイエンドモデルがいくらでもあるわけで、大舞台で実用にするならそういうものを選ぶべきでしょう。


心配事は、LEDがたった7粒しかないので、不良ロット等でLEDが1粒切れたらダメージが大きいということ、
チルト固定ネジがちょっと貧弱かな?ということ。

今は使い始めたばかりなので良い面しか見えていませんが、使っているうちにあれこれ欠点も見つかってきそうです。いずれにせよ今後に期待。

2015-02-08 09.22.50
↑あまりに小さいので、ダクトレールにも吊れます。丸茂MNIと一緒に。

AMERICAN DJ ( アメリカンディージェイ ) / MICRO WASH RGBW
タグ: | カテゴリ:機材レビュー LED灯体 [ 2013/11/12 00:10 ]

僕もこれ持ってます!
軽いのでダクトレールに付けれるレベルですが、どうやって取り付けられたんですか?
凄いですね~。
[ 2016/12/16 16:28 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
ダクトレールに吊るのは、東芝DR4003N (http://saturn.tlt.co.jp/pdocs/s/DR4003NW) など、ダクトレールプラグ部分だけの部品が売ってるので、これをM8〜M12あたりのボルトで灯体に固定するだけです (ボルトに電気が流れないよう注意) 。
この方法ではダクトプラグからは電源は取れないので、別途ダクトレール→平行コンセントへの変換プラグを使ってレールから電源を取っています。
簡単ですよ。やってみてください。
[ 2016/12/25 22:22 ] [ 編集 ]

コメントをどうぞ





トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightingkizai.blog.fc2.com/tb.php/27-1a9a8567