TOP > スポンサー広告 > Lite-Puterの調光卓の種類分けTOP > 調光卓 > Lite-Puterの調光卓の種類分け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ: [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

Lite-Puterの調光卓の種類分け

台湾のLite-Puter社が出している調光卓に関して。

Lite-Puterは調光ユニットはまあまあ良い性能だし、DX-402Aなどの便利な調光機器を作ったりしているので、
なかなかすごいなあと思うのですが、
120126_1556~01
(↑DX-402A。フェーダー付きの調光ユニット。サブ卓として、小規模会場用として、使い方いろいろ。)

正直、Lite-Puterの調光卓の使い勝手は微妙だなあと思っています。

でも、使い勝手よりも深刻な問題がありまして、
全然違うコンセプトで作られた全然違う卓なのに、型番が似ていて紛らわしいということ。


というわけで、紛らわしい型番の卓たちを種類分けしてみました。


【対象】
こちらに載っている、以下の機種(現行機種+α)。

・CX-18
・CX-12(→現行:CX-12II)
・CX-3(→現行:CX-3B)
・CX-5
・CX-2
・CX-404/804/1204
・CX-403/803/1203
・JUNIOR

いやはや、メーカー公式サイトの並び順がこれってどうよ。せめて数字の若い方からとかにしろよ。
文句を言ってもしょうがないので分類していきます。

【分類】

(A)一般照明用調光卓

  • (a1)初心者向け・簡易調光用…CX-403/803/1203、CX-404/804/1204、CX-2
    Lite-Puterにしては使い勝手の良さそうな卓たち。照明初心者でも直感的に分かる単純な作り。
    CX-*04シリーズは、CX-*03シリーズの高級バージョン。フェーダー等の質が良いらしい。
  • (a2)演劇向け?…CX-12(II)
    131110_0054~01
    SmartFade1296みたいな感じで、24本のフェーダーをページ切り替えで96ch扱う。
    日本円で7万円くらいするらしいが、チェイスとクロスフェーダーの使い勝手が微妙。うーん…
    個別の記事を書きました。正直あまり買わない方がいい卓だとは思います。
  • (a3)ノンフェーダー卓風味…CX-3(B)、JUNIOR
    本体のフェーダーは実は全部サブマスターで、基本的にはテンキーでチャンネルと明るさを指定する卓。
    GAM ACCESSとか、Expressでテンキー入力する時みたいな感じ。
    フェーダーは基本的にはサブマスターだが、512chのうち連番の12ch(JUNIORは6ch)を指定して、
    シングルフェーダーとしても使える。変わり種。


(B)ミラースキャン/ムービング用卓

  • (b1)ムービング卓?…CX-18
    使ったことないのでわからないです。最近出たらしく、ハイエンドなところを目指していそうではあるが…
    でも今時ムービング卓はAvolites Titan Oneみたいな高性能安価なPC卓もあるしなあ…
  • (b2)ミラースキャン専用…CX-5
    110908_2330~01
    CX-3と見た目が似ているので間違えやすいが、こっちはミラースキャン卓。
    この手の簡易ミラースキャン卓の中でも使い勝手が非常に悪い。というか不親切。



だいたいこんな感じで合ってると思います。
CX-3BやJUNIORが512ch操作できるノンフェーダー系?の卓だというのは意外と知られていないのかも。

ご参考までに。
関連するタグ: [ 2013/11/10 02:07 ] 機材レビュー 調光卓 |

コメントをどうぞ





トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightingkizai.blog.fc2.com/tb.php/25-14ef899a











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。