ムービングライト/ムービング卓の使い方入門 ~「ムービング卓」に共通する考え方~

0

※一般調光卓はある程度扱ったことがあって、これからムービング卓に挑戦しようという人向けの記事です。
※書きかけです。すみません。


これは私の実体験なのですが、
今まで一般照明 (ムービングライト以外の、動かない照明) しか扱ったことが無い人が、さあムービングライトの世界に入門しよう!となった時に、 いわゆる「ムービング卓」の操作方法が分からなすぎて匙を投げることってありませんか?
そういう人に捧げる記事です。

卓の操作って、経験者がそばにいて「こうすればこうなるんだよ」というノンバーバルな (=見せて触らせて覚えさせる) 教え方をすれば比較的簡単に習得できるのですが、
そうでない場合、そもそも どういう概念 でムービング卓が動いているのかさっぱり分からない。
卓が何を考えているのか、何をしてほしいのか理解できないんですよね。


だって、一般調光卓って、初めて見る卓でも盤面を眺めたら何となく分かるじゃないですか。
SmartSoft

あー、右端にマスターがあって、このたくさん並んでるのが個別のチャンネルフェーダーだなぁ、って。



それが、「ムービング卓」だとこれですよ。
TitanOne_home
dot2_home
起動して最初の画面がこれでは、まず何をしたらいいか分からなくないですか……


最近はPC上で動くムービング卓が増えてきて、初心者用でーすって感じで安めのお値段で売っていたり、機能制限付きで無料だったりするのですが、だいたいどれもこんな感じなので、あまり初心者用としての役割をなしていません。


というわけで、いきなりこんな画面を見せられて挫折しそうになっている人 (主に過去の筆者) に向けて、
ムービング卓というもの全般に通底する考え方を、ざっと見ていけたらと思います。


続きはTogetterで

 一旦、ツイートにまとめたらそこそこうまく行ったので、続きはツイートまとめにてお楽しみください。


⇒Togetter「調光卓とムービング卓の一般的な違いについて」

コメント 0

コメントはありません

コメントをどうぞ