TOP > LED灯体 > 【機材レビュー】LED灯体 American DJ / 5P Hex

【機材レビュー】LED灯体 American DJ / 5P Hex

「6-in-1」LED灯体の走り。
American DJ / 5P Hex です。

5phex-15phex-2

【機種名】5P Hex
【メーカー】American DJ



【消費DMXチャンネル数】
6chモード(R/G/B/White/Amber/UV)
7chモード(R/G/B/White/Amber/UV/明るさマスター)
8chモード(R/G/B/White/Amber/UV/明るさマスター/ディマーカーブ)
12chモード(R/G/B/White/Amber/UV/明るさマスター/カラーマクロ/プログラムモード/プログラムモードの速さ/ストロボ/ディマーカーブ)
【LEDの種類】
6色(R/G/B/White/Amber/UV)・6-in-1
10W 6-in-1 LED×5粒
【照射範囲】
40°(広すぎず狭すぎず)


【灯体の大きさ】
Dotz Parとまったく同じ
PAR36より少し大きい(光源部直径12cm)
厚さはPAR36ショートより薄い
【各種設定画面】
4桁の7セグメントLED(自動消灯機能アリ)
【床置き可能?】
ダブルアームにより可能/アーム外して真上向きも可能

 

【特徴】
◎ディマーがだいぶ滑らか。ディマーカーブ設定もなかなか良い
◎ディマーカーブをDMXから変えられるので、同じ演目でもシーンによって異なるカーブにできる
◎小劇場にはちょうどよい照射範囲。いわゆる「ウォッシュライト」として使い勝手が良い。出力的に学校の体育館クラスでも何とか実用域
◎設定画面は一定時間いじらないと自動消灯する。黒テープで覆わなくてよい
△最低でも6ch消費してしまう
△シュート時にアームが電源ケーブル、DMXケーブルに引っかかる
△フェードアウトは綺麗になったが、フェードインはまだ苦手


【こんな時にオススメ】

  • メインの白熱・ハロゲン灯体が300~500Wの小劇場
  • 1機種でいろいろな目的に使いまわしたい場合
  • 予算やいろいろな理由で「なけなしの2発」になってしまう場合
  • 1万円台のLEDを2発だけ買える予算がある人

 

【コメント】
2018/4/8。

購入したのはずいぶん前なのですが (2015年末頃かな?) 、今でも売っているのでレビューしておきます。
American DJは安いだけに商品サイクルも早かったのですが、安定したベストセラー的な機種が出てきつつあるようですね。


まず、この機種は Dotz Par の兄弟機種です。ボディの大きさなどは全く同じで、LED光源部分だけが違います。
Dotz Par は完全な単光源への挑戦&レンズ着脱で照射範囲を2段階ではあるが変更できる、という点が売りでした。

一方、5P Hex は、光源部分は今までと同じ複数のLED粒が並んでいるオーソドックスなものですが、「Hex」と言っているとおり、「6-in-1」のLEDを使用した
R G B White Amber UV の6色構成を売りにした機種です。

このため、この1機種でいろいろマルチな役割をこなしてもらいたい人にはおすすめです。

Greenは、Dotz Parよりもやや黄緑色に近い波長になります。
adj_5phexa_la_3 
この写真の一番左の色がちょうどそれっぽい。
一方こちら↓がDotz Parの緑色のイメージです。


また、Amber(アンバー、橙色) は、綺麗なアンバー色ですが、LEDなので波長帯域が狭く、ナトリウムランプっぽい印象を受ける人も居るかもしれません。
でも、何とかお芝居で夕日のシーンに使えないこともない (ハロゲンのナマと混ぜるなどすれば) 色なので、いざという時に少しは情緒的な明かりが出せて重宝します。

この辺りの色の話は好みと言うか、LED素子の特性なのでどうしようもない問題ですが、知っておいて損はないかと思います。


それから、ディマーカーブを選べる点も魅力です。これはDotz Parと全く同じ。

  1. Standard : 従来のLEDと同様。パッと消える。
  2. Stage : 消えかけに若干ふわっとフェードがかかる。
  3. TV : 全体にフェード気味になる。
  4. Architecture : 全体にゆっくりフェード。消えるまでに0.7秒ほどかかる
  5. Theatre : もっとゆっくりフェード。消えるまでに0.9秒ほどかかる



一方デメリットは、6色タイプなので最低でも6ch消費してしまうというところです。
フェーダー数の多い卓やPC卓では全く問題になりませんが、非常に小規模な現場でLite-PuterのCXシリーズのような簡易な卓を使う場合、かなり負担になります。
RGBの3chの倍ですからね……
パッチができるなら不要な色をアンパッチしてしまう手もありますが、それも何だか勿体ない……

よって、マルチにこなせて嬉しい灯体ではあるのですが、そんなに6色も要らないよ……っていう場合、少し困ったちゃんになります。



AMERICAN DJ ( アメリカンディージェイ ) / Dotz Par

AMERICAN DJ ( アメリカンディージェイ ) / 5P Hex


2015-02-14 01.24.58
↑ケーブルがアームに引っ掛かる (Dotz Parの画像流用)

※投票ボタンは撤去しました。ご意見ご感想はコメント欄またはメールフォームへどうぞ。
タグ: | カテゴリ:機材レビュー LED灯体 [ 2018/04/09 00:02 ]

コメントをどうぞ





トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightingkizai.blog.fc2.com/tb.php/195-6f48abee