TOP > 機材レビュー > 【潔い】マニュアル2段プリセットのDMX調光卓

【潔い】マニュアル2段プリセットのDMX調光卓

買ったわけではありませんが、ぜひ紹介したい機材を見つけました。
SHOWTEC EASY FADE 36 です。
image


フルマニュアル・2段プリセットのDMX卓!

この調光卓は、DMXコンソールながら、一切の記憶機能やチェイス機能を持っていません。
ただ、18ch2段プリセットか、36ch1段のフルマニュアル卓として使えるだけです。
(2段プリセットがよく分からないという方はこちらをご覧ください)

一見、何のためにあるかよくわからないDMX卓ですが、こういうシンプルな作りは、初心者が触る設備にDMX卓を導入する場合に最適です。
たとえば、高度な記憶卓は専門知識を持った人が扱うようにして、初心者にはこちらの卓を貸すとか、そういうことが可能です。

従来から、そのような目的には丸茂電機の「ライティングボード」(旧称「ラボ」)という3段プリセット卓が存在しますが、国産なので非常に高価なのがネックでした。


また、フルマニュアル卓と言えばSDC-6などの極めて小規模なものは多く存在しますが、18~36ch規模のものは珍しいので、その点でもニッチな需要を獲得できそうです。
たとえば、DoctorMXの入力装置として使う場合など。
あまりにもニッチな需要ですが、DoctorMXユーザーならこの魅力が理解できるはずです(笑)


他にも、PCベースで動作する調光卓を自作しているプログラマー諸氏にとっては、「フェーダーがたくさん並んでいるだけの板」の需要があるのではないでしょうか。

サイズ的にも、フェーダーを隙間なく並べることで19インチラックの幅に収める努力をしていることが感じられて、好印象です。
日本では今のところ、アカリセンターで扱っています。
願わくば2万円を切ってくれると嬉しいですが、十分に検討の価値ある調光卓ではないでしょうか。

購入予算が貯まるまで、発売終了にならずに続いてくれることを願わずにはいられません。

タグ: 調光卓 | カテゴリ:機材レビュー [ 2017/07/23 17:04 ]

コメントをどうぞ





トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightingkizai.blog.fc2.com/tb.php/181-de917f40