TOP > 照明ケーススタディ > 【照明ケーススタディ】No.14「わざと壁に当てる地明かり」

【照明ケーススタディ】No.14「わざと壁に当てる地明かり」

※照明ケーススタディは、筆者がこれまでに担当した照明プラン・オペレートの中から、一般化できる知見を紹介するシリーズです。
なるべく汎用性のある知見を紹介していくつもりですが、他の記事群に比べると「個」が強く出ることをご理解ください。


C1392C14-378E-4A93-BF0E-40EFD622B793
【公演データ】
本番時期:2014年2月
公演名:月面クロワッサン 番外公演 『無欲荘』
会場:人間座スタジオ
筆者の立場:照明プランナー(大学通算27回目)兼オペレーター
仕込み図:
tsuri_140130
その他の書類:入れ込み・パッチ表、キューシート

【記事テーマについて】
壁が白い空間において、舞台照明機材を使って何とか空間の広さ、あるいは「日常性」を表現しようとする場合、ダウンライト的にわざと壁に当たる明かりを作るという方法もあります。
冒頭の写真は、その「わざと壁に当てている光」のみを点灯したものですが、いろいろ点灯して基本のシーンを作ればこんな感じです。↓
45E272F6-08AC-4881-9116-7A116EE0FD87
また、壁に当たる光を消すことで、違ったイメージも作れます。
C4ACCE61-4F28-4324-9412-E35C69DC232A
これは夕日が差し込んでくるイメージですが、先ほどの「屋内っぽさ」とは違って、外光が差している感じが強く出ています。
ちなみに、アンバー色の光がまだらっぽく見えるのは、調光ブースの柵の間から光を出しているためです。これも狙ってやっています。

タグ: | カテゴリ:照明ケーススタディ [ 2017/04/01 03:18 ]

コメントをどうぞ





トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightingkizai.blog.fc2.com/tb.php/176-9180f6fe