TOP > 電線の種類 > 【電線で考える舞台照明】2PNCTについて

【電線で考える舞台照明】2PNCTについて

※「舞台照明で覚えておくべき電線一覧」も併せてご覧ください。

 

2pnct_2c

【電線の名前】2PNCT2pnct.png

【正式名称】2種EPゴム絶縁クロロプレンゴムキャブタイヤケーブル

【意味の区切り】2・P(EPゴム?)・N(クロロプレン?)・CT(キャブタイヤ)

【現場での通称】キャブタイヤ/ゴムキャブ

【舞台照明での使用可否】


 

【許容電流(2芯)】

2sq : 28A(アンペア)

3.5sq : 41A

 

【許容電流(マルチケーブル、ボーダーケーブル)】

2sq-8C : 17A =「4ch×15A」用

3.5sq-6C : 27A =「3ch×20A」用

など

※sq=㎟(平方ミリメートル。電線の太さの単位)

 

 

【コメント】

「劇場等演出空間電気設備指針」で使用可とされている電線ですので、積極的に使いましょう。

VCT1CT2CTに比べて許容電流が大きいので、20Aケーブルに2sqを使ってもまだ余裕があります。「20Aと言えば3.5sq」で覚えている人は若干混乱するかもしれません。

多芯ケーブルをマルチ用に使ったり、14sq以上の太い電線を仮設主幹に使ったり、舞台で最も活躍の幅が広い電線と言えるでしょう。

 

舞台照明の仮設主幹用(特にカムロックコネクタ用)に特別に作られた2PNCTも存在します。
JCS 4505:「演出空間電気設備用キャブタイヤケーブル」に規定

関連するタグ: [ 2016/04/23 17:43 ] 電線の種類 |

コメントをどうぞ





トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightingkizai.blog.fc2.com/tb.php/147-daa52185