TOP > スポンサー広告 > 【電線で考える舞台照明】1CT(1種ゴムキャブタイヤケーブル)についてTOP > 電線の種類 > 【電線で考える舞台照明】1CT(1種ゴムキャブタイヤケーブル)について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ: [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

【電線で考える舞台照明】1CT(1種ゴムキャブタイヤケーブル)について

※「舞台照明で覚えておくべき電線一覧」も併せてご覧ください。

 

IMG_0702
mono09510514-080429-04

【電線の名前】1CT1ct2ct.png

【正式名称】1種天然ゴム絶縁天然ゴムキャブタイヤケーブル

【意味の区切り】1・CT(キャブタイヤ)

【現場での通称】キャブタイヤ/ゴムキャブ

【舞台照明での使用可否】不可だがまれに使われる

 

【許容電流(2芯)】

2sq : 22A(アンペア)

3.5sq : 32A

※sq=㎟(平方ミリメートル。電線の太さの単位)

 


 

【コメント】

数字の付くキャブタイヤケーブル(1CT・2CT・2PNCTなど)は、数字が大きくなるほど丈夫で過酷な使用に耐えうることになっています。

つまり、この1CTはキャブタイヤの中でも弱い部類で、「劇場等演出空間電気設備指針」では使用が禁止されています。

実際に使ってみると、被覆のゴムが固い割には傷つきやすく、慣れた人でも外皮(シース)を剥く時によく内側の被覆を傷つけてしまいます。

また、長く使用していると外皮(シース)のゴムが劣化してヒビが入り、やがてボロボロになってしまいます。

このため、舞台用の電線としてはオススメしません。まだVCTの方がマシと言えます。

ホームセンターでゴム系キャブタイヤケーブルを探すと、この1CTしか売っていない場合が多いので、専門の店やネット通販で2CTや2PNCTを探すようにしましょう。

specialrabbits-img450x600-1431768177vxchje16585

↑劣化した1CT

関連するタグ: [ 2016/04/15 19:35 ] 電線の種類 |

コメントをどうぞ





トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lightingkizai.blog.fc2.com/tb.php/145-7f96c1d9











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。