松下電工(National) ミュージクール(NQ30227) 500W平凸レンズスポットライト

2

2014-08-01 14.40.592014-08-01 14.41.28
2014-08-01 14.42.00

【機種名】NQ30227BK (“ミュージクール/MUSICOOL”シリーズ)
【メーカー】松下電工(National)

【製造年代】1990年代?~2000年代?
【レンズ径】6インチ
【適合電球】500Wハロゲン電球/GX9.5口金

【電球の例】JP100V500WB/G-2 (メーカー推奨は JP100V500WC/G-4)

【コメント】
マニアックな喩え方をすれば、RDS / AQS-5 の松下電工バージョンという感じ。
少し重くて図体の大きい平凸スポット。タッパの低い小劇場だと、曲吊りをしないと目立つかも。
同時期の500Wフレネル、NQ30324BZ に比べると若干暗いように感じるのは気のせいか…?

コメント 2

コメントはありません
むらっきー  

ミュージクールのシリーズは、その名が示す通りレンズを通しての熱線が出ないように、照射物の方に熱が行かないように、レンズ内側に金属をダイクロコーティングして、熱線をそこで反射しています。
なので点灯していない時に正面から見るとレンズが緑色に見えたりします。
メガネの反射コートと同じような仕組みですね。
で、その仕組みがあるので、レンズの透過率が若干落ち、場合によってはちょっと暗く感じます。

2014/11/04 (Tue) 00:33 | EDIT | REPLY |   
電気マグロ  
Re: タイトルなし

>むらっきー様

補足ありがとうございます。
確かに緑色に見えます。レンズがダイクロ仕様だったわけですか。
若干暗く感じるのもそのせい、と。
ESシリーズのフレネルとペアで納入されていることが多いようですが、同じミュージクールシリーズのフレネルなら、あまり明るさの差を感じないのかもしれないですね…

2014/11/10 (Mon) 11:12 | EDIT | REPLY |   

コメントをどうぞ