TOP > ARCHIVE - 2016年12月

キャブタイヤ用プラグに意外と「ポニーキャップ」が使えそう、という話

Panasonicがやたら多くの種類を出している平行コネクタですが、その中に「ポニーキャップ」(型番 : WH4000)というものがあります。

パナソニック 袋打ち・平形コード両用 ポニーキャップ 15A 125V WH4000

 

これ、見た目がすごくレトロなのですが、おそらく松下電工で一番はじめに作られた平行プラグだと思います。戦前からほとんど変わってなさそうです。
「ポニー」という名前の由来は、見た目が何となくポニーの毛なみっぽいからでしょう。

電球のソケットを平行メスに変換する「セパラボディ」と直径がぴったりで、組み合わせて使う用なのだろうなぁ、という感じです。型番の「WH4000」というのも特別な感じがします。

 

で、このポニーキャップ、電線挿入穴が円形なので、ひょっとしたらキャブタイヤケーブルがぴったり入るのでは?と薄々思っていました。
そこで、試してみました。

関連するタグ: コネクター [ 2016/12/31 14:39 ] 雑談 |